最近の記事から

その子らしく大きくなって

へいわ1 新しい月を迎えて

 今年度も、残すところわずかとなりました。とは言っても3月は1年間の集大成の月、いろいろな保育内容が盛り込まれた豊かなひと月になることでしょう。春に向かい、心も軽く、どのクラスの子ども達も多くを経験し新年度につなげていきたいと思います。

 春には赤ちゃんだったひよこ組の子ども達、、おしゃべりがすっかり上手になったたんぽぽ組の子ども達、そしていよいよ卒園を迎えるばら組の子ども達は9日の卒園式に向けての練習が始まっています。期待と不安でいっぱいのこの時期にはなりますが、最後まで 「保育園、楽しかったね。」と言い合えるような毎日が送れればと願っています。

 どのクラスのどの子も、その子らしく大きくなって進級を迎えようとしています。 

求めなさい

聖書のことば

201705pic033月の聖句

求めなさい。
そうすれば、与えられる。

マタイによる福音書 7章7節

よいしょ

図書

雪が降ったら是非

だいいちへいわ 新しい月を迎えて

 1月は突然の雪に驚きましたね。積もるような雪が降るのはまだこれからでしょうか。
 そんな中、毎年思うのが、「年に1回は園庭に積もった雪で遊ばせてあげたい!」ということです。例年、大抵ひと冬に1回は雪遊びができていましたが、温暖化の中、だんだんとその夢も遠くなりつつあるのでしょうか。世界的な問題もさることながら、四季のある日本の冬の風景が失われるとすれば、それはとても残念なことです。
 第一平和の園庭は「みんなの園庭」としてピスティスの会の他施設の子ども達も利用しています。雪が降ったら是非みんな仲良く合流して楽しめたらいいなと思いながら週刊予報を眺めているこの頃です。

わたしの魂は

聖書のことば

201705pic032月の聖句

涸れた谷に鹿が水を求めるように神よ、わたしの魂はあなたを求める。

詩篇42篇2節

2月の活動・行事より

行事

☆お手紙ごっこ

幼児クラスでは今年もお手紙ごっこを行っています。字が書ける子は絵や言葉を、すみれ組さんは塗り絵を塗ってお手紙にしたりしています。順番でばら組の郵便屋さんが各お部屋に嬉しそうに配達してくれます。

☆卒園遠足

ばら組の子ども達28名が職員と一緒に「市川動植物園」に出かけます。昨年はお昼までの活動での帰園でしたが、今年はお弁当を持って出かけることになりました。残念ながらミニ鉄道は工事中で乗れないのですが、それでもたっぷりと時間を楽しんで来ようと思います。

ますます楽しい時が過ごせれば

だいいちへいわ 新しい月を迎えて

 新年、明けましておめでとうございます。
 年末年始、慌ただしい中ではあったでしょうが、ご家族ともにゆっくり過ごされる時間が持てたかと思います。子ども達からもお休み中の楽しい話がたくさん聞こえてきています。保育園でも、ますます楽しい時が過ごせればと思います。今年も宜しくお願い申し上げます。
 年が明けてから進級までは、1年の中でも一番早く時が過ぎるよう感じられます。職員一同、1日1日を大切に、丁寧に過ごしていけるよう心掛けたい年度末です。加えて、ばら組の子ども達は小学校に向けて嬉しさもあり不安も感じる時期です。
 そんな気持ちに寄り添いつつ過ごしていければと思っています。

愛は

聖書のことば

201705pic031月の聖句

愛は忍耐強い 愛は情け深い

コリントの信徒への手紙Ⅰ 13章4節

たつのこたろう

図書

子どもも大人も豊かな時間を

へいわ1 新しい月を迎えて

 先月は、各クラス懇談会にご参加いただき有難うございました。懇談会ではクラスの様子をお伝えするとともに、おうちの方々が、より仲間として互いを知り合えるような企画を加えたクラスも多かったことと思います。この機会に登降園の際も声をかけ合い大人みんなで子ども達を見守れるような関係を築いてまいりましょう。
 さて、保育園では11月後半から、クリスマスへの準備に入っています。幼児クラスでは、子ども達の気持ちもすっかりクリスマスに向かっています。イエス様のご降誕を静かに待つアドベントの期間ではありますが、ワクワク、ドキドキを抑えきれないのが子ども達の正直な姿です。そんな姿を受け止めつつ、子どもも大人も豊かな時間を過ごしていきたいと思います。

« 古い記事 新しい記事 »