最近の記事から

その愛おしさ、命のはかなさを

へいわ1 新しい月を迎えて

 新緑の季節になりました。そして若々しい緑の眩しさのみならず、色とりどりの鮮やかな花々が色で香りで楽しませてくれるのがこの季節です。
 子どもたちも自然が大好きです。散歩で通る道の木、園舎の周りに咲く花や実、そして園庭の花をよく知っています。子どもたちは日々はを愛でつつ、ある時は恰好の遊びの材料としてうまく自然を生活に取り込んでいきます。
 そしてもう一つ子どもたちが大好きなのが小さい虫たち。大事そうに持ってきては保育者に見せてくれます。子どもたちは小さい命と関わり合いながら、その愛おしさ、命のはかなさを身をもって感じ取っていきます。幼児クラスになれば、大きな動物の世話は難しくても、虫や魚であれば責任の一端を担うこともできるかもしれません。そうなれば、なお一層つながりは深まることでしょう。
 それぞれの年齢によって自然との関わり方は変わっていきますが、子どもたちの感性を大切にしつつ、命の大切さを伝えていきましょう。どうか、虫を連れてきたその手に、「虫は嫌い!」「気持ち悪い!」など心無い言葉を投げてしまうことがありませんように…。

ゆっくり見守りつつ

へいわ1 新しい月を迎えて

 誕生日が来て一つ大きくなることが何より嬉しい子どもたち、それと同様に大きくなってお兄さんお姉さんクラスになることも大きな自信につながります。進級は新しい保護者との出会いでもあります。多少の緊張もあるかと思いますが、勝手知ったる保育園の中での変化です。新しい環境を受け入れ、変化のひとつひとつを楽しみつつ、成長の糧としていけると良いですね。
 ご家庭でも、この時期はお子さんが安心して過ごせるようにしてあげてください。
 今日はどうだった?」の言葉がけも、お子さんの不安につながるような尋ね方には気をつけましょう。ゆっくり見守りつつ、明日の登園を楽しみにできるよう働きかけてあげてください。

共に喜び

へいわ1 聖書のことば

201705pic034月の聖句

喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。

5歳児ばら組の卒園までの予定が

へいわ1 新しい月を迎えて

 2月はコロナウィルスのオミクロン株の猛威に、さすがの第一平和保育園も踏ん張ることができなくなってしまいました。保護者の皆様におかれましては、閉鎖クラスや臨時休園(特別保育)、また登園自粛期間のご協力ありがとうございました。
 また、どのご家庭も大変だった中で、園の職員や運営への励ましのお言葉をいただき、職員一同感謝でいっぱいです。この思いをお返しするためにも、ますます楽しい園生活が送れるよう子どもたちとの毎日を充実させていきたいと思います。どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。
 また、これらに伴い5歳児ばら組の卒園までの予定が大きく変わりました。下記の予定のように行事が後ろにずれてまいりますが、一人一人を大事に送り出したいと考えていますので、どうぞご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

新年あけまして おめでとうございます

へいわ1 新しい月を迎えて

新年あけまして おめでとうございます

 新しい年が明け、心新たに1年の始まりを迎えています。今年も「感じる心」を大切に、子どもたちとともに多くの喜びと感動、そして経験をしていきたいと思います。そしてまだまだ油断できないコロナの状況の中にあっても、お家の皆様と子育ての楽しさを共有しつつ、身体は NO 密でも交わす心は濃密に歩んでいきたいと思っています。よろしくお願いいたします。
 3学期になると、いよいよばら組の子どもたちは就学に向けての準備となります。学校に行くと、自分の思いを言葉で伝えることがより重要になってきますが、それは「ローマは1日にしてならず」の通り、日々の積み重ねの上に育っていくかです。言葉を習得する時期に大人が言葉の補助や代弁をすることに慣れてしまうと、子どもの次の成長のタイミングを逃しがちです。つい先回りして、子どもが言おうとしていることを大人が言ってしまい、子どもは伝える機会も意欲も失ってしまうというのはよくある話です。気持ちは急いで、じっと子どもの声を待つことが大切なのです。子育てはいつでも楽しい我慢大会ですね。

羊飼い

聖書のことば

201705pic031月の聖句

わたしはよい羊飼いである。

「待つ」という意味

新しい月を迎えて

 11月の終わりからアドベントに入りました。イエス様のご降誕のクリスマスまでは逸る心を抑えつつ、心静かにその時を待ちます「アドベント」は「待つ」という意味です。アドベントの4週間、クリスマスへ思いをはせながらも静かに準備をします。お部屋の飾りを見ながら、作りながら、飾りながら、その日を待ちます。
 アドベント礼拝でイエス様ご降誕のお話を聞きながら、その日を待ちます。
 大きい子どもたちはクリスマスを迎えた時のお献さげの練習をしつつ、その日を待ちます。
 どうかご家庭でも同じ気持ちでアドベントの期間をお過ごしいただきますように….。

この方こそ

聖書のことば

201705pic0312月の聖句

今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。

大切に温めつつ、感謝の中で

へいわ1 新しい月を迎えて

 10月の後半から急に涼しく(寒く)なり、早くなった夕暮れがより寂しく感じられます。それでも日中は、まだまだどこかに夏を引きずっている子どもたち。半袖の腕を振り元気に戸外に飛び出していきます。そして、汗をかいて戻ってくる姿もしばしばあり、その湧き出るエネルギーにただただ感心しています。
 10月にはわくわくプレイデイも終わり、11月から12月にかけては収穫感謝祭からアドベント、クリスマスに向かいます。この期間を大切に温めつつ、感謝の中で過ごせればと思います。今年も各クラスでゆったりと落ち着いた礼拝を守っていきます。

あふれるばかりに

聖書のことば

201705pic0311月の聖句

あふれるばかりに感謝しなさい。

コロサイの信徒への手紙 2章 7節

« 古い記事