最近の記事から

コロナに負けない実のある行事に

へいわ1

 「リーンリーン」「コロコロコロ」「ジーーーン」。中秋の名月を見上げながら、耳を傾け、親子で季節の移り変わりを味わいたいものですね。
 10月には「昆虫教室」と銘打って、夕方、見守りをしてくださっている昆虫博士(佐藤先生)に、昆虫についてのお話を伺う計画をしています。世界の昆虫もご用意いただき、憧れのヘラクレスオオカブトやギラファノコギリクワガタなどを見たり触ったりします。成虫で出会った保育園のカブトムシやクワガタが、この後どのような経過を辿っていくのかを知り、興味を持ったり思いを寄せたりできればと思います。その年令なりに、生命を知り、愛おしむ機会を持つことが大切です。
 今週の土曜日、ゆり組とばら組のわくわくプレイデイがそれぞれの時間で行われます。9月の後半は暑さも残る中でしたが、ばら組の子どもたちは園庭でリレーやダンス表現に取り組みました。リレ―で走るのはトラック1周なのですが、練習前にも、練習の合間にも、何周となくトラックを駆け回る元気な姿を見せてくれているばら組の子どもたちです。そして、ホールでのプレイデイを予定しているゆり組の子どもたちは、楽しみにしていたパラバルーンに挑戦です。一つ一つの技を確認しながら、みんなで力を合わせて練習しています。今年のゆり組のパラブルーンでは、「ぼくのゆめ・わたしのゆめ」について、一人ひとり紹介する時間も予定しています。
 いつもとは違った形のプレイデイになりますが、それぞれの子どもたちが育ちに合わせた経験を積み重ねるという点において、コロナに負けない実のある行事になることでしょう。行事に参加する学年はもちろんのこと、来年以降に行事を控えている学年の皆様も、精一杯今を生きている子どもたちを一緒に応援していただければと思います。

わたしたちは知っている

聖書のことば

201705pic0310月の聖句

わたしたちは知っているのです。
苦難は忍耐を、忍耐は練達を、
練達は希望を生むということを。

ローマの信徒への手紙 5章 3~4節

10月の絵本 ねえねえ あのね

図書

著者名 作:しもかわら ゆみ
発売日 2020年02月20日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-518603-9
判型 B12取
ページ数 28ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

 以前より「乳児向けの絵本がもっとあったらよいのに」と思っていましたが、近年、その思いに応えるかのように素敵な絵本が次々と紹介されるようになりました。この絵本は、今年の絵本係の先生方(毎年、いろいろな係を職員が手分けして担当しています。)が選んでくれた中の1冊です。

「ぴよぴよ あのね ねずみさん だいすきよ」

 「あのね」のこしょこしょ話に耳を傾けるねずみの表情、「だいすき」と言われたときの、喜びを体いっぱいに表す可愛らしい姿に、幸せよ愛がこぼれるばかりに溢れます。読んでもらう子どもたちとともに、読み聞かせる大人側をもほっこりさせてくれる絵本です。

いつどのような時でも

へいわ1

 プールの活動は見合わせたものの、いつもと違った形で水と戯れた8月でした。それぞれのクラスの職員が工夫を凝らして手作りの遊び道具を作成したり、子どもたちと確かめたり考えたりする科学的な水遊びを取り入れたりと、プール遊びとはまた違う楽しさを味わうことができたのではないかと思います。
 ばら組の子どもたちは、この夏、あすなろキャンプに代わる「お楽しみ会」を行いました。8月の最終土曜日、朝からクッキング、スイカ割り、水鉄砲遊び、じゃんけんゲーム、ボール入れゲーム、パジャマ大会…とイベントめじろ押しです。そして夕方には自分たちで作ったキャンドルに灯をともす中、静かに火を見つめながら礼拝を守りました。いつどのような時でも「愛」「友情」「平和」「勇気」を願い、それを創り出していく力が与えられることを願いつつ。8月は礼拝の中で「平和」「戦争」の種に一人ひとりが気づき、平和をはぐくむ世界の子どもとなって欲しいと切に願います。

あなたがたが

聖書のことば

201705pic039月の聖句

あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい。

マルコによる福音書 6章37節

知恵と力を合わせて

へいわ1

 6月後半より、いよいよ「新しい生活様式による」通常保育が始まりました 感染をできる限り防ぐための衛生管理、生活の工夫をしながらの毎日ではありますが、それでも子どもたちの顔が揃い、一緒に過ごせる嬉しさを感じています。
 何でもない普通の生活がどんなに有難いことか…。誰もが同じ思いでしょう。 今年度からしばらくの間は、状況を見ながらの保育体制の変更などにご協力いただくこともあろうかと思います。
 また、行事についても検討を重ねているところです。子ども達の成長に合わせて、この時期に経験させてあげたい事を重視しつつ、少しずつ活動を始められればと思っています。どうか、今後ともご理解ご協力お願い致します。
 園とご家庭とで、知恵と力を合わせて子ども達を守っていきましょう!

平和

聖書のことば

201705pic038月の聖句

あなたがたに平和があるように。

ヨハネによる福音書 20章21節

何も欠けることがない

聖書のことば

201705pic037月の聖句

主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。

詩編23編1節

6月からの保育園の生活について

おしらせ

5月31日に休園期間が終わり、自粛の中での新しい生活が始まりました。1ヶ月が経ち、現在の生活の様子についてお知らせします。

  • 登降園時、お家の皆様の健康状態の報告、手指消毒をお願いしています。
    朝の準備、帰りの準備は、保育室の外でお願いしています。
  • 幼児クラスは子ども達のマスク着用をお願いしていますが、今後、暑く なってくると園外活動等で外すことも多くなってきます。
  • 食事はできる限りの少人数で密を避けることを意識して行っています。
    幼児クラスはトレーを使用し、共用のテーブルクロスは取りやめています。
  • 午睡はできる限りの間隔をとりますが、密の状態は避けられない状態です。 幼児クラスは「つどいのひろば」も利用して午睡をしています。
  • 幼児クラスは、家庭より個人の水筒を用意していただき利用しています。 •当分の間、幼児クラスの食後の歯磨きは取りやめ、うがいでのすすぎを 行っています。
  • 行事は日程変更、内容変更を検討中です。今年のプール遊びはプールの中に 入らずに、各クラス「水遊び」に変更します。詳しくはあらためて手紙で お知らせします。
    プレイディは戸外での活動に変更し、ゆり組、ばら組がそれぞれクラス行事と して行う予定です。詳しくはあらためて手紙でお知らせします。
  • 7月より「おんがくのじかん」「スポーツクラブ」を再開します。ホールを 利用し、間隔をとりながら行います。

一日も早く

へいわ1

 登園自粛要請期間のご協力有難うございまず。
 一日も早く通常の生活に戻れることを願う ばかりです。今は、「みんなが戻ったら00をしたい」「〇〇もしたいね。」など、楽しい計画 と想像の中で心を強く持とうと、園の職員も日々頑張っています。

« 古い記事