図書

はじめての梅しごと 梅シロップをつくろう

へいわ1 図書

6月の絵本                              

はじめての梅しごと                    
―梅シロップをつくろうー


作:高野紀子
偕成社

 「みんなの園庭」に梅の木があるのをご存じですか?園舎の自転車置き場の奥にはジューンベリーが、園舎西側の曲がり角にはアーモンドがあり、春に愛らしいピンクの花を咲かせた後は毎年実をつけてくれます。
 保育園ではずいぶん長いこと、この時期に梅シロップを作っています。もちろん保育園の梅の実も大活躍です。子ども達の大好きなクッキングの時間では、毎年、真剣な表情で梅の実に竹串で穴を開ける姿が見られます。正に「梅しごと」をしている職人のような姿です。
 「しごと」と命名される時、そこには丁寧さや職人の思いが入ってくるような気がしますよね。
 保育園での「梅しごと」も、この絵本の流れとほぼほぼ同じですので、是非ご家庭でも一緒に楽しんでいただけると嬉しいです。梅シロップにができた後の梅を使ってのお菓子作りもレパートリ―が広がることと思います。ただし、大人用の梅酒と梅シロップ、間違えないようにだけは注意してくださいね!

おおきなきがほしい

だいいちへいわ 図書

5月の絵本                              

おおきなきがほしい

文:佐藤さとる
絵:村上勉 
偕成社  


 子どもの頃の憧れのひとつに「高い木にのぼりたい」「木の上で暮らしたい」という思いがあります。この本に出てくるかおるも同じ夢を持っています。かおるの想像はどんどん高いところまで広がり伸びて、遠くの山まで見渡せるようになりました。木の上の小屋は、やがて夏を迎え、秋を迎え、寒い冬を越します。
 佐藤さとるさん、村上勉さんのペアの作品はとても多く、絵本からやがて児童文学へ読み進めていく架け橋としても役割は大きいでしょう。「だれもしらないちいさなくに」等のコロボックルのシリ―ズに加えて、コロボックル絵童話もあります。是非一度手に手に取ってご覧いただければと思います。

たまごのあかちゃん

図書

よいしょ

図書

たつのこたろう

図書

クリスマスって なあに

へいわ1 図書

12月の絵本

クリスマスって なあに

ディック・ブルーナ 作

 イエス様のご降誕の絵本は数多くあります。保育園でも年齢に合わせて様々な絵本を取り上げていますが、この絵本は、アドベントで乳児クラスの子ども達にお話する時のパネルシアターの視覚教材としても用いています。大好きなうさこちゃんの絵のイメージとつながることもあってか、小さい子も受け入れやすいようで、お気に入りの絵本の1冊となっています。
 以前、何度かたんぽぽ組のクリスマスプレゼントとして選ばせていただいたので、ご兄姉がお持ちのご家庭もおありかと思います。もし、乳児クラスのご家庭でクリスマスに向けて初めての絵本を選んでおられるなら、是非「クリスマスってなあに」も候補に入れていただければと思います。シンプルですが何度も何度もめくって楽しめる絵本です。

めのはなし

図書

10月の絵本

めのはなし

堀内誠一:作
福音館書店

 現在は様々な出版社から出ている科学絵本ですが、50数年前に月刊「かがくのとも」が創刊された頃にはまだまだ珍しい企画でした。
 自然科学のみならず化学、物理、医学に関する内容と多岐にわたり、子ども達は興味津々で目を輝かせていました。知識を得ることをねらいとしているわけではないので、この絵本も自分の体験と結びつく展開で進んでいきます。絵本の特徴を生かして、絵や図でわかりやすく説明されているので、幼児でも感覚的につかめることでしょう。
 終わりの方に出てくる「目の錯覚」のページは、本を回したりめくったりして、いずれボロボロになるまでめくられるページになります。
 このように、友達や家族と一緒に楽しみながら読めるのもこの本の魅力でしょう。

とうもろこし ぬぐぞう

へいわ1 図書

9月の絵本

とうもろこし ぬぐぞう

はらしま まみ:作・絵
ポプラ社 

 保育園の夏のおやつに今年もよく登場したとうもろこし。その皮を一生懸命に剥いてくれたのが、たんぽぽ、すみれ組の子ども達でした。もちろん、現在のゆり組、ばら組の子ども達も既に経験済みのこの作業、一筋縄でいかないことは百も承知です。子ども達には一度では剥けない皮のかたさ、ひげが指に絡みつく感触、実が出てきた時の感動等々、その時に刺激された感覚と共に読み進められる楽しさがあることでしょう。
シンプルゆえに伝わってくる良さがあるのだと思います。
 最近のスーパーでは皮剥きのスペースがあり、家に帰る前にとうもろこしが裸にされてしまうようです。子ども達の楽しい遊びが奪われるのではと余計な心配をしてしまうのは私だけでしょうか? 

8月の絵本 やさいのがっこう~とまとちゃんのたびだち~

図書

やさいのがっこう
とまとちゃんのたびだち

なかや みわ:さく
白水社
ISBN:9784592761969

「やさいのがっこう」シリーズの第1作目です。この後の作品では、ピーマン、とうもろこし、いちご、キャベツと様々な野菜が続いて登場します。この絵本を通していろいろな野菜を知り、野菜の持つ個性に興味を持ち、大切に感じておいしくいただく…、子ども達がそんなふうに生活に繋げてくれればよいなと思います。それぞれの野菜たちに思いを寄り添うことで、きっと新しい仲良しの関係を築いていけることでしょう。
 夏野菜を大切に育てている幼児クラスの子ども達は、野菜が元気に大きく立派に育つため毎日休みなしに世話をしてくれています。絵本の中では出荷される野菜に「合格」という一定の基準を満たすか否かの表現が使われていますが、保育園で育てる野菜は出荷するものではありませんし、この扱いは注意して伝えたいところです。保育の中では、野菜がその野菜らしく育っていく素晴らしさについて分かち合いたいと思っています。

7月の絵本 ざりがにのおうさま まっかちん

図書

ざりがにのおうさま まっかちん

大友康夫:作
福音館書店
ISBN:978-4-8340-0733-6

6月1日より「アカミミガメ」「アメリカザリガニ」が条件付特定外来生物に指定されました。どちらも子どもたちにとっては身近な生き物、これからますます生態系について、生き物との付き合い方について学ぶことが必要になってくるでしょう。
さて、私が小さい頃は、市川辺りの川でもザリガニ、どじょう、タニシがざっくざっく採れました。川の中に入っての魚とりは日常的な楽しい遊びのひとつでした。中でも真赤な大きいザリガニ(これを「まっかちん」と呼んでいました)が釣れると、みんな「やったあ!」と大喜びしたものです。               
この絵本の中の子ども達も同じです。そしてザリガニ釣りが不得手なのぞみちゃんのために、友達はみな力を惜しまず応援し続けてくれます。そして最後の場面では、のぞみちゃんとみんなの力で豪快にまっかちんの王様を釣り上げるのでした。

« 古い記事