図書

9月の絵本「あそびずかん」

図書

201609asobizukan文・絵 かこさとし 小峰書店
 春夏秋冬の遊びが4巻に渡って書かれて(描かれて)いる絵本です。昔懐かしい遊びの様々は、素朴でありながらも豊かで、次代の子ども達にも伝えたい。いえ、伝えなければいけないものがかりです。私のような年齢の者でも、過ごした土地によっては経験したことのない遊びがたくさんあります。絵本の中野一つ一つの遊びの紹介を見ながら、お父さんお母さんもご一緒に初体験されるとよいと思います。
 子ども達は体験から学びます。本の中だけにおわらず、是非「見て」「触って」「聴いて」「嗅いで」「動いて」「作って」そして「共に感じて」遊んで欲しいと思います。本物の遊びを『ゲットだぜ!!』
201609asobizukan2

はみがきさん

図書

978-4-591-13448-1

「いやだいやだのえほん」「ねないこだっれだ」などでお馴染みのせなけいこさんの絵本です。天使?のような『はみがきさん』が動物たちの歯を磨いて回ります。ライオンさん、うさぎさん、わにさん…。そして人間の私は自分で歯磨きしゅっ、しゅっ、しゅっ!
最期の場面(けんかの噛みつき)はどうやら賛否両論のようですがせなさん自身は軽い気持ちで描かれたとのことです。小さい子どもたちに、この絵本が楽しい歯磨きのきっかけになると良いですね。

本の情報

初版発行:2013年05月
ISBN:978-4-591-13448-1
サイズ:21cm x 21cm
ページ数:27ページ
グレード:3~5歳
ジャンル:絵本
定価:950円 (本体: 880円)

テーブルマナーの絵本

図書

9月の絵本 「テーブルマナーの絵本」
高野紀子・作 あすなろ書房
 小さい頃に身についた習慣は、大人になっても忘れることがありません。この絵本では、イラストを存分に入れて、目でわかるように和食・洋食のマナーも子どもの目線で丁寧にお話してくれています。小さいころに床の間に座って怒られた経験、間違った箸の使い方を指摘され恥ずかしかった思いでなど次々とよみがえって来ます。
 本来、マナーというものは家庭や地域社会で伝えられていくべきものなのでしょうが、この絵本は受け身として教わるのではなく、自分から興味をもって入っていく形になるのも良いところです。親子で一緒に読み進めていくと、確認あり発見ありで楽しめると思います。

ひまわり

図書

7月の絵本 「ひまわり」
和歌山静子・作 福音館書店
 土の中の小さな種が「どんどこどんどこ」の音(声)に合わせて…いえ、大きくなるひまわりに思わず音(声)が大きくなるかのように、1ページ1ページが進んでいくこの絵本、縦に描かれたこの絵本は、ひまわりの伸びるその姿を追いかけるのにぴったりです。花が大きく開くページでは、「どん」という表現に子どもたちも大喜びで声を合わせます。小さい子どもでも、命の力強さを感じることができるお薦めの絵本です。

新しい記事 »